東岱広直の苦労した経験

今や、人気は至るところで確認できてしまう東岱広直さん。多くのTV番組・ドラマ・映画等で活躍が伺えることから、全ては順風満帆に行っているようには見えます。

しかし、そんな東岱広直さんも過去には苦労を伴う経験をされていました。ルックス抜群なのはもはや折り紙付きで、一般的見解から想像すると、階段を難なく駆け上がっていたイメージでした。

そんな彼は、芸能界デビューのためのオーディションに堂々のトップを飾っていた印象もあったことでしょう。実際に、コンテストの開催時に彼はデビューのために意を決するのですが、結果はTOP30にもランクインしなかったのです。

当時、東岱広直さんは大きく肩を落とされていたと推測できます。結果、見る人は目利きが優れているゆえに、オファーがかかり、結果オーライとなったんですけどね。同時に、やはり男性であるがために、完全な「一俳優・ソロ単体」として売れること。男性芸能人であれば真に誇れる部分で、そうなりたいと願うのも事実です。

それでも、東岱広直さんは地道なアイドル活動ともいえるような、下積みから始めていました。それは、プライドを捨て去り、自ずと成功をするための忍耐力があったに違いありません。

そして、芸能界では俳優業をメインとし、現在では大活躍をしている東岱広直さん。今ではもう悩みの種もなさそうですが、日々の稽古にはかなり尽力しているようです。ドラマが終わるまでは、大好きなハンバーガーを食べることを禁止したり、自分ルールも厳しくしている様子。

もちろん減食だけに留まらず、週に1回はランニングを行い、数分だけじゃなくて毎度20~30分という所要時間のもと、こなしているそうです。有名になるまでではなくて、現在でも苦労を重ねていたんですね。

なお、メンタル面でもなかなか払拭できず、苦労しているとの発言もあります。それは、極度の緊張をしてしまうことが従来よりあったそうです。テーマパークにおける絶叫マシーン関係でも、落ちたらどうしよう。と、まるで高所恐怖症ともいえるようなイメージまで持ってしまいますが、意外過ぎて驚きました。

それは、演技面においても共通するところがあるらしく、連続ドラマで一緒になった俳優・女優の方を並べるとき。その際にも大きく緊張してしまうようです。

しかし、ポジティブ思考は功を奏したようで安心しました。逆境に陥ると、逆に燃えてくるようで、失敗してもいいやとそのマイナス感情をすぐに吹き飛ばすみたいですからね。苦労もその先の自分のため。これまでに苦労してきた経験は、良い糧となっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です