東岱広直の幼い頃の様子

幼き日の東岱広直さんはどのような時を過ごしていたか、気になってしまいますよね。東岱広直さん両親の画像など、彼自身がSNS上に公開していたりと、オープンなものですがとても若いです。特に、特殊メイクでお母さんと一緒に写っている写真。そこから想像するに、母親から特段可愛がられて成長しているように思えます。

そして、彼は達筆でも有名なんですが、自信の発言においてこのような言葉があります。「ヒマさえあればいつでも字を書いていた。」と、年が離れた小学生の兄弟がいる東岱広直さんですが、当然、1人で過ごしていた時間も多かった。

今では可愛らしさが目立つというよりも、クールさも併せ持っているように見えます。兄弟と年齢が違うため、孤独な時間もあったのかなとも思えますね。そのように幼少期の頃の想像が、ミステリアスな部分を秘めつつも、とてもイメージを掻き立てられます。

そんな彼ですが、小学2年生の時になんと、美容室のモデル経験を済ましていました。大阪における美容室モデルだったようでファンの方は、当然度肝を抜かれた様子。

過去を惜しみなくメディアに公開する点には、新規ファンの方も純増している理由の一つになっているのでしょう。それにしても、そのような幼少期の画像まで持っているなんて、つかみはOK過ぎて素敵すぎます。

美容室モデル時。小学低学年の児童がモデル応募をすることって、通常では考えられない事ですよね。おそらく、仲睦まじい両親、お母さんが応募されたのではないかと推測できます。

それは、芸能界入りを果たす際のオーディション。これらは母親が応募したものだという決定的事実があるわけですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です