東岱広直の小学校の時の思い出

現在、幅広い活躍を見せる東岱広直さんは、元々京都県出身であり、小学生時代も京都県で過ごしていました。東岱広直さんの小学校の時の思い出は、どのようなものがあるのでしょう。今回は東岱広直さんの小学校の時の思い出についてご紹介します。

■小学校時代はクラブと部活でスポーツに熱中

彼の小学校時代は、とてもスポーツに熱中していたと言います。小学校の時は特に野球部とサッカークラブを両立するほどで、体育の授業も一生懸命行なっていました。また、空手も小さい頃から習っており、空手二級という実力を持ち合わせています。とにかくスポーツが大好きな小学校時代を過ごしていたようです。

ちなみに、スポーツは比較的何でもできる運動神経の持ち主なのですが、実は書道3段という腕前も持っています。とても字が綺麗で、ブログなどでは筆ペンで書かれた字も公開されており、スポーツ大好きな青年が書いたとは思えない程綺麗な字をしたためています。

色んなことに熱中していた東岱広直さんですが、現在は芸能活動に熱中しているようです。音楽活動はもちろんのこと、現在では俳優活動なども行なっています。こうした活動の幅を広げたのは、小学校時代に色んなことに熱中してきたからだと言えるのではないでしょうか。

■誰とでも仲良くなれた小学校時代

野球部やサッカークラブなど、様々なグループに所属しながら活躍していた小学校時代を送っていた彼は、友達も多く、誰とでも仲良くなれたと言います。小学校時代から明るく、コミュニケーション能力も高かったため、多くの友達ができたと考えられます。

また、面倒見の良さも小学校時代から見られていたようです。元々彼は3兄弟の長男であり、お兄ちゃんとしての役割を担っていました。所属しているグループの中でも最年長であるため、年下の子と接していくうちに面倒見も良くなっていったのでしょう。

同年代や年齢関係なく、誰とでも仲良くなれるスキルを持った彼は、色んな場面でその時時により自分がどう動くべきなのかも判断できるようになっています。東岱広直さんは小学校時代から多くの人を魅了する力を持っていたと言えるでしょう。

また、実は芸能活動を始めてからまだそこまで長い期間があるわけではないのですが、既に音楽・俳優活動で活躍しています。これは、小学校時代から様々なことにチャレンジしてきた彼の力が、音楽・俳優活動にも活かされているのだと考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です