東岱広直の好きなミュージシャンは

彼が最も好きなミュージシャンなのは、人気ロックバンド「ONE OK ROCK」です。2005年に結成されたインディーズ時代から人気のあるバンドで、2007年にメジャーデビューを果たし、ファンの間では「ワンオク」と呼ばれ親しまれています。シングル・アルバムのオリコンは首位を独占し、映画やCMのタイアップにもなっているので1度は聞いたことがある方も少なくはないでしょう。

ボーカルの両親は大物演歌歌手であることでも有名ですが、親譲りの歌唱力でゴリゴリのロックサウンドやしっとりと落ち着いたバラードなど多彩なナンバーを歌っています。

■好きになったきっかけのエピソード

東岱広直さんが所属するグループのブログでは、時折ワンオクの話が持ち上がっています。彼がバンドを好きになったきっかけは、高校時代の友人だそうです。当時、彼はサッカー部に所属しており、同じ部活の友人からバンドのことを教えてもらい、「完全感覚Dreamer」を始めて聞きました。

この楽曲は4枚目のシングルで、シングルでは初のオリコントップ10入りしており、バラエティー番組のエンディングに起用されています。彼は初めて曲を聞いた時の衝撃は今でも忘れないとブログで綴られていました。全曲大好きという彼ですが、中でも「Wherever you are」と「欲望に満ちた青年団」という曲が好きなようです。

■どんな時に音楽を聞く?

音楽を聞くタイミングは人それぞれですが、東岱広直さんはよく勉強中に音楽を聞いていたようです。テンションの上がるサウンドが多いバンドなので、テンションを上げながら勉強をしていました。しかし、テンションが上がりすぎて勉強が進まないという、おちゃめな一面もあります。また、ワンオクはボーカルの実体験や気持ちを反映した歌詞が魅力であり、力をもらいたい時にも聞きたくなるようです。

東岱広直さんの好きなミュージシャンを紹介しましたが、インタビュー記事を見るとロックバンドの曲を好んでいるようでした。その一方、自分の楽曲もとても大切にしており、大好きと語っています。ファンの方は彼の楽曲や好きなミュージシャンの曲を聞き、好きを共有してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です